3名体制3時間を超える取材で医院の強みを引き出す。

ディレクター/ライター/カメラマンの3名体制で3時間を超える取材で医院の強みを引き出します

ディレクター、ライターの強みを引き出す3時間以上の取材を行います歯科医院がホームページを持つ事が当たり前となった現在、巷に溢れるホームページに記載されている内容はどこでも同じような事が書かれていて、患者様から見ても違いが分かり辛いのが現状です。

このような現状だからこそ、弊社では先生の強みを引き出していくための「取材」に最も注力し、先生のお休みの日を割いてでも、必ず3時間以上の取材時間を頂いております。

取材に向かう際は、Webサイト全体の構成を行っていく"ディレクター"と、読んだ人の心に届く文章を紡ぎだす為の専門家である"ライター"、そして"カメラマン"の3名体制でお伺いをしております。いずれも歯科の分野に精通した人材をあたらせますので、ありがちな「業者に説明したが意図が伝わらなかった」「結局院長がほとんどの文章を修正し、原稿を作成した」といったようなストレスが無く、サイト制作を進行していく事が可能です。

ディレクター、ライターが先生の意図をくみ取り伝わりやすい表現で原稿を作成更に、先生の意図をくみ取るだけでなく、あくまで患者さんの目線で伝わりやすい表現に随時変換するのが我々プロの仕事です。先生の意図を最大限くみ取りつつ、時にはより良い成果の獲得の為に、先生の指示された方向性とは違う意見申し上げる場合があります。

また、「自医院の強みが分からない」「特徴なんてない」などといった事を心配される先生が時折いらっしゃいますが、弊社ディレクターとたっぷりディスカッションを重ねる事で、Webサイト制作を通じて医院全体の理念や方向性、強み・特徴を整理していく事が出来ます。

また、院長先生への取材はもちろん、必要に応じて勤務医やスタッフさん、技工士さんなどのメンバーからもヒアリングを行い、医院全体としての魅力を引き出します。

制作チームのアドバイザーとして『週刊ダイヤモンド』元編集長で元ダイヤモンド社
代表取締役 松室哲生がバックアップ

デジタルワン株式会社 取締役(社外) 松室哲生
患者様の心に訴えるコンテンツ制作の肝とも言える"文章作成(ライティング)"について、「週刊ダイヤモンド」編集長、代表取締役専務を歴任した当社取締役 松室哲生が品質向上の為のアドバイスを行っています。

デジタルワン株式会社 取締役(社外) 松室哲生
経歴:
株式会社ダイヤモンド社にて、『週刊ダイヤモンド』編集長、取締役雑誌局長、代表取締役を歴任。現在、株式会社ブイネット・ジャパン代表取締役社長。
一般財団法人知的資産活用センター副理事長。


著書

  • おもろい会社研究 松室哲生おもろい会社研究 松室哲生
    日経プレミアシリーズ

    経済誌編集長として企業取材を
    重ねてきた松室哲生がおもしろい
    会社を紹介。
  • 極秘資金 長岡哲生極秘資金 長岡哲生
    講談社

    元経済誌の編集長が圧倒的な
    取材力で描く驚天動地の
    経済ミステリー作品。
    ペンネーム「長岡哲生」で出版。

歯科医院の撮影に慣れたプロカメラマンを派遣
弊社提携のプロカメラマンはいずれも、歯科医院での撮影に慣れた経験者です。撮影当日はカメラマンの指示に従って頂ければ段取り良く必要な写真が撮れる他、先生の技術力がアピールできる構図、スタッフのチームワークが表現できる構図など、Webサイトの意図に添った演出をその場で致します。

提携カメラマンは歯科の分野以外にも、雑誌や広告での写真掲載や大型写真コンテストでの受賞を重ねたメンバーも在籍しており、そのクオリティは折り紙つきです。

提携プロカメラマン「小島哲平」

契約カメラマン
小島哲平作品:「ホシノオト」
日経ナショナルジオグラフィック写真賞 2012優秀賞

貴院を成功に導くための方法は必ずあります 無料相談お申込み Web集患・成功法則無料セミナー
お問い合わせフォーム 無料セミナーのお申し込み