「保険中心で行う!」今後の歯周病重症化予防歯科診療のあり方


口腔と全身疾患との関連が明らかになり、
歯周病予防や口腔ケアの重要性が高まっています。

また、超高齢化社会を迎え、健康寿命、残存歯数への関心が
高まる中、今後ますます重要となる予防医療。

しかし、歯科医院において、実際に診療に取り入れようとした場合、
治療とメインテナンス、自費と保険、患者さんの価値観など
多くの課題が立ちふさがります。


本セミナーでは、予防専門の「エムズ歯科予防・口腔ケアクリニック」を立ち上げて、
予防・口腔ケアの実践に取り組まれていらっしゃいます、荒井 昌海 先生から、
2016年の診療報酬改定で新設されたSPT(Ⅱ)(歯周病安定期治療)の活用など、
今後の予防歯科診療のあり方を学びます。


《講演内容》
①今後あるべき予防歯科診療の形とは?
②歯科診療報酬改定にみる予防の方向性
③予防専門「エムズ歯科予防・口腔ケアクリニック」取り組み


【こんな先生は是非ご参加ください】
▼保険中心で診療されている先生
▼予防医療の在り方を模索されている先生 

貴院を成功に導くための方法は必ずあります 無料相談お申込み Web集患・成功法則無料セミナー
お問い合わせフォーム 無料セミナーのお申し込み