2016年6月28日

「現代型患者トラブルを回避するために必要な視点」

現代型患者トラブルの増加
トラブルが発生する前に歯科医院側で取るべき予防策とは?


「治療に満足されず、返金を請求された・・・」

「スタッフの対応に腹を立て、暴言を吐いて帰ってしまった。
           クレームが予想される・・・」

「説明と治療内容が違うと言われて、
           カルテ開示と謝罪を要求された・・・」

患者さんと歯科医院のトラブルは残念ながら増加傾向にあります。

昨今の患者さんはインターネット上に溢れる様々な情報を事前に収集して治療に臨むため、
期待値が高まりやすく、結果としてクレームに発展しやすいのもその要因の一つです。

<歯科医療トラブルの特徴>
歯科医療では、
●材料や治療方法など選択の幅が広い、
●抜歯など元に戻せない治療が多い
●顔の外観に影響しやすい
などの理由で、たびたび患者さんから「説明義務」が問われ、トラブルになりやすいです。

<予防策の重要性>
このようなトラブルを回避するためには、
●インフォームドコンセントを徹底する仕組み
●証拠の確保
●トラブル発生時の初期対応を学んでおく
などの予防策を取ることが重要です。

本セミナーでは、歯科医師として臨床経験のある弁護士 小畑 真 先生から、安心して継続的に歯科医療を
提供でき、安定した経営を行っていく上で、事例、裁判例を交えてトラブル回避のポイントを学びます。

【こんな先生は是非ご参加ください!!】
▼勤務医やスタッフの多い先生
▼インプラント、審美、矯正などの分野に力を入れている先生
▼医院の規模拡大や分院の計画があり、リスクマネジメントを強化したい先生

貴院を成功に導くための方法は必ずあります 無料相談お申込み Web集患・成功法則無料セミナー
お問い合わせフォーム 無料セミナーのお申し込み