2016年7月15日

「個別指導は実態と対応を知れば、恐れることはない」

保険診療のルールを知り、日常の診療の中でしておくべきこととは?
「知らなかった・・・」では、済まされません!

歯科医院に対する個別指導がどのように行われ、何が点検されるのか、
まずはそれだけでも知っておくべきです。

保険診療はルールに沿って行わなければなりません。
私たち歯科医師は、日々の診療に対応しながら、診断、診療技術の向上に
一生懸命に取り組んでいます。

一方で、多くの先生方は、開業して初めて保険診療のルールの熟知の必要性を感じることになります。開業して管理者になれば、保険診療報酬の請求に関しての責任は全て自分自身で負わなければならなくなるからです。

個別指導保険診療のルールを正しく守れているかどうかを点検する場です。
保険診療のルールを正しく守るには、保険診療のルールを正しく理解することと同時に、それを判断するための
カルテや資料が、どれだけ万全かも重要なのです。

本セミナーでは、現役の歯科医師でありながら、歯科医療コンサルタントとして個別指導研修会を発足し、全国でサポート活動を行っている小出 一久先生から、保険診療のルール、「個別指導」対策のポイントを学びます。

<個別指導の対策と準備>
・保険診療ルールの順守
・カルテ記載法
・正確な情報の獲得

【こんな先生は是非ご参加ください!!】
▼今は勤務医だが、そろそろ開業を意識している先生
▼新規開業したので、新規個別指導に向けて準備をしたい先生
▼不正請求や過誤請求にならないように、保険診療のルールをしっかりと学んでおきたい先生
▼高点数による集団的個別指導や個別指導での指摘事項、準備、対応、対策を知りたい先生

貴院を成功に導くための方法は必ずあります 無料相談お申込み Web集患・成功法則無料セミナー
お問い合わせフォーム 無料セミナーのお申し込み